賃貸物件の敷金は、基本的には戻ってくるお金です。

賃貸 敷金

賃貸 敷金について

賃貸物件の敷金は、基本的には戻ってくるお金です。

画像
敷金とは、借主が家賃その他の支払いができなくなったときに備えて、大家さんが借主から預かるお金です。
賃貸物件を借りるときに、家賃を払うための担保として預ける保証金のような役割を果たしています。
家賃の滞納がなければ、原則、退去時には、全額返還されるべきお金です。
駅から遠い、住環境が悪いなどの理由で長く入居者がいない状況になっている賃貸物件は多いです。
退去するとき、部屋のクリーニングや修繕にかかる費用は、敷金からまかなわれることもあります。
入居者は退去時、原状回復が義務づけられていますが、それは、入居前の部屋に戻すという意味ではありません。
普通の生活をしていれば生じる程度の汚れ、キズは、大家さん負担が原則ですので、大家さんによく確認してみることが大切です。
明らかな過失や故意による故障、キズでなければ、入居者は負担をしなくてもいいのです。
賃貸物件は、基本的に人気のない物件が、敷金ゼロとなっていますので、住環境にこだわらず費用を抑えたい方にはおすすすめです。