賃貸物件における敷金の役割について

賃貸 敷金

賃貸 敷金について

賃貸物件における敷金の役割について

画像
賃貸物件を借りる場合に、初期費用として主に礼金・敷金の二つが存在します。
礼金はオーナーに対しての挨拶代わりに支払われる金額ですが、敷金は大きく分けて二つの意味合いがあります。
まず一つ目としては、借主が退去時に原状回復のために支払われる資金としての役割があります。
例えば、借りている最中に物件を壊してしまったり、汚れてしまったケースで、退去時に元通りにするための修繕資金や清掃資金として割り当てを行ないます。
そうすることによって、次にその賃貸物件を借りる人はスムーズに借りることが出来るようになります。
そして二つ目の役割には、賃貸物件は月々に家賃を支払って借りる訳ですが、家賃が滞納などで支払われない場合にそれを担保と出来る役割があります。
つまり敷金をあらかじめ支払っておくことで、万が一、家賃が支払われなくてもそれによって充当を行ない回収を実現することが出来るのです。
なお退去時には物件を酷く壊した事情が無い限り、精算で一部を返還される性質が多い資金でもあります。